新プリントヘッドと新型インクパックを採用した昇華転写機を11月にリリース。6色機搭載モデルで一層の色域表現が可能に、エプソン販売

エプソン販売は9月21日、商業・産業向けの大判IJP「SureColor」シリーズから、昇華転写プリンターの新商品として、4色機モデルの「SC-F6450」と、6色機モデルの「SC-F6450H」のリリースを発表した。発売日は、11月28日を予定しているほか、東京・池袋で開催される展示会「オーダーグッズビジネスショー2022」に出展し、積極的にPRしていく構えだ。

同製品はともに、1.33インチの 新型ヘッド「PrecisionCoreマイクロTFPプリントヘッド」を搭載しているのが最大の特徴。従来機と比べて約20%生産性を高めており、より一層の高速印刷と高画質印刷を両立している。これにより、ソフトサインからスポーツアパレル、グッズなどさまざまな制作物への多彩な表現が可能となった。

さらに、新開発となる1.6Lの大容量インクパックも採用。小型のパックをセットするだけで簡単にインクの入れ替えができるほか、トレイごと振るだけで、インクの攪拌も容易にできるそうだ。

加えて、4.3インチのタッチパネルも搭載。インク残量が一目で分かったり、頻繁に使う機能をショートカットできるボタンを配置するなど、使い勝手の良さを追求し、さらなる業務効率化を実現している。

そして6色機モデルの「SC-F6450H」は、CMYKのインクに対応するのはもちろん、高濃度ブラック、ライトシアン/ライトマゼンタ、蛍光イエロー/蛍光ピンク、オレンジ/バイオレットから、いずれか2色を選択可能。スポーツウエアや屋外サインなど、高度な色再現性が求められるグッズ制作などでも幅広い色域を表現できるようになっている。

同社は9月28日、29日、東京・池袋のサンシャインシティで開催される日本最大級のオリジナルグッズ特化型展示会「オーダーグッズビジネスショー2022」に出展。同製品のアピールを続けていく。

なお、新商品を含む昇華転写プリンターの今後1年間の販売台数目標は、約200台を目指していくという。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. インクジェット出力でデザイン性と機能性を両立させたオリジナル吸音パネルを開発、エプソン

  2. 凸版印刷 フルカラー電子ペーパーのデジタルPOPを開発。試作モデルの実証実験へ

  3. 医療ドラマのユニフォームで東京メトロ全9路線の中吊り広告をジャック、フジテレビ

  4. リアルタイムで交通・屋外広告の効果を見える化する新たな計測ソリューションを提供開始、jeki

  5. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板

  6. 「テレビ×Web×DOOH」の広告効果を可視化する実証実験を開始。国内を代表する広告代理店や通信キャ…

  7. HP Latex 700/800プリンターシリーズ用にバイオマス樹脂配合のIJメディアを発売、ユポ・…

  8. 兵庫県 新宿駅で体験型ポスター掲出。鼻の穴で兵庫の匂いを体験

  9. 最大印刷速度550㎡/hを達成した昇華転写プリンター「Tiger600-1800TS」を発表 ミマキ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP